Q&A

破産に至る経緯を教えてください

象企画は、令和2年10月30日付で更生計画の認可決定を得ておりましたが、いまなお新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、フィットネスクラブ事業にとって厳しい状況が続いています。
このため、更生計画策定時の前提が達成できず、収益に基づく弁済が困難な状況です。また、スポンサーによる支援を得て弁済を行うこともできませんでした。

そこで、認可された更生計画を遂行する見込みがないことから、やむを得ず、令和3年9月1日に、大阪地方裁判所から会社更生手続廃止の決定を受けています。
また、同日をもって、すべての店舗の営業を終了しています。

そして、会社更生手続き廃止の決定が確定したことから、令和3年9月25日に大阪地方裁判所によって、破産手続の開始決定がなされたものです。

破産とはどのような手続ですか

債務を支払うことができない個人や会社について、破産者の財産を管理し、財産を金銭に換え、法律上の順序にしたがって債権者に配当を行う手続です。
これらの手続は、裁判所の監督の下、裁判所から選任された破産管財人が公正中立の立場で行います。

破産管財人とはどのような立場の人ですか
会社更生手続における管財人(更生管財人)とは異なるのでしょうか

破産手続と会社更生手続は別の手続です。
破産管財人は、会社更生手続における管財人(更生管財人)とは別の弁護士が、破産手続開始と同時に裁判所から選任されます。

今後の手続はどのように進むのでしょうか

破産管財人が象企画の清算を進めます。
具体的には、象企画の財産を全て金銭に換えるとともに、施設の明渡しなどを行います。

もっとも、象企画に十分な財産はないため、一般の破産債権者(元の更生債権者)に対する配当はない見込みです。
このため、債権調査やその前提としての債権届出も現時点では実施いたしません。

また、債権者集会も開催を予定しておらず、情報提供は、このウェブサイトを通じて行います。

タイトルとURLをコピーしました